入っておきたいセラピストのための保険

アロマテラピーやリフレクソロジー、タイ古式マッサージなど多くのセラピーが人気となっており、独立開業して自分でサロンを持つ方も増えてきました。
こうしたセラピストは腕一本でお客様に満足していただいてお金を稼いでいる、まさに手に職を持った一生働ける仕事と言えるでしょう。
そんな施術者が加入しておきたいのが専用の保険です。
これはセラピストが施術したお客様が万が一不調を訴えた場合や施術中に何らかの事故があった場合に保障してもらうことができるというものです。
オイルが肌に合わなかったり、揉み返しが来て生活に支障が出てしまったり、施術後にどのようなトラブルが起こるとも限りません。
このような保証があれば安心してお客様に施術をすることができるでしょう。
またセラピスト自身が腕を痛めてしまったりして仕事ができなくなってしまった場合にも保障される保険もありますので、よく内容を確認して必要な保険に加入しておくと安心してサロン運営を行えます。

セラピストが加入しておきたい自分を守る保険

セラピストは医療施設や福祉施設温泉施設で働くことが多い職業です。
アロマテラピーやリンパドレナージュなどの施術で肩こりや全身の疲れ、心のストレス解消などを求めて見えるお客様を癒すことができるやりがいのある仕事です。
直接お客様に触れる職業ですから、お客様の体質や体の症状などに気をつけて施術しなくてはなりませんが、どんなに気をつけていても思いがけないトラブルなどが起こる可能性も否定できません。
使用しているオイルがお客様の肌に合わなかったり、施術で筋肉の筋などを痛めてしまうこともあったり、もみ返しなどの症状が起こってしまうこともあります。
サロン勤務で正社員のセラピストならお店がそうしたトラブルの窓口になってくれますが、こうした職業はその性質上業務委託という形で施術者自身が責任を負わなければならないケースもあります。
そうした時に頼りになるのがセラピスト専用の保険です。
お客様に施術によるトラブルが起こったとき、また自分が怪我をした時など、保障してくれる心強いサポートとなります。

2017/4/13 更新

Copyright(c)2015 癒しのセラピスト All Rights Reserved