セラピストの給与はどれくらいか

今、社会的に必要とされて志す方が増えているのがセラピストという仕事です。
これはアロマテラピーやタイ古式マッサージ、リンパドレナージュやリフレクソロジーなどさまざまなセラピーをお客様に施術する仕事で、病院やリハビリセンター、産院、老人介護施設などの福祉施設、温泉施設などさまざまなところで活躍の場が広がっているのが特徴です。
こうした職業を目指す方が気になるのが給与です。
業界的に正社員での雇用という形態が少なく、多くの場合出来高制の業務委託やアルバイト、時給と出来高の合算などさまざまな雇用形態がありますが、正社員で月収20万円ほどの求人もあります。
セラピストという職業の性質上、9時から5時などの一般の会社と同じ時間ではなく、夜間までシフトが入ることがあり、時間帯によっても時給が変わってきますし、施術できるトリートメントのクオリティーによっても給与は変わってきます。
いずれ独立開業を目指す方も多い業界です。

セラピストの実際の給与事情

セラピストの仕事は、人に癒しや安らぎを与えるもので仕事内容的には、目に見えて対応したお客様の変化しかも良い変化や感謝の言葉も得られる為、やりがいとしてはかなり高い仕事となります。
しかしながら、そのやりがいに対して得られる給与の金額は、決して高いとは言えません。
セラピストとして仕事する地域による差もありますが、一般的に年収としては200万円台と言われてます。
ここから税金や諸経費、更に雇われてる会社によっては福利厚生がしっかりしてないケースもあります。
交通費や仕事で必要な備品であるアロマテラピーのオイルや制服代もかかる場合も少なくないのが現状です。
臨床心理士の場合で考えると年収300円台が平均といえます。
いずれにしても正社員としての雇い入れてくれるケースは少なくて雇用形態としては、業務委託かあるいはアルバイトとして形態がほとんどです。
しかし完全歩合制の会社の場合料金の30%~40%が取り分になるので場所などの環境が整ってる場合はやりがいと報酬どちらも得られるそんな可能性も秘めてる業種と言えます。

check

交通事故 弁護士 名古屋

Last update:2017/9/7

Copyright(c)2015 癒しのセラピスト All Rights Reserved